2007年06月09日

伊勢名物赤福!

6月6日から2泊3日で伊勢神宮参拝してきました。

伊勢神宮の内宮の横におかげ横丁があります。
そこでお土産に買ってきたのが「赤福」!
和菓子で、とってもおいしかった〜るんるん
日本の食文化を感じさせる和菓子です。

「赤福の由来」

言い伝えによれば、千利休の流れを汲むお茶の宗匠(そうしょう)が赤福の名づけ親だということです。 創業の頃、赤福のお店でお休みになり、召し上がられたあんころ餅を大層よろこばれて「この餅は赤心慶福である(神様にお参りする時の清清しい気持ちと同じ味がする)」というお言葉をくださったそうです。 それを聞いた初代店主の治兵衛が、これこそ餅の名にふさわしいと思い「赤心慶福」から二文字をとって「赤福」と名付けました。
「赤福」の名は創業と伝えられている宝永4年よりも前から、ものの本にも書き著わされていますが、現在では、赤き真心をこめて、つくり上げた餅をお召し上がりいただけば、お客様にも私どもにも福がもたらされると考え、この二文字を大切にしています。



ここで買いました↓
買うときに、ちょうど美川憲一がテレビの取材できていました。
びっくりした!

赤福本店
http://www.akafuku.co.jp/akafukuknows/honten.html
posted by マリー at 01:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-10 22:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。